練馬経済新聞に掲載して頂きました(2/2(木))!!

2017.02.06.


皆様にはご報告が遅くなりましたが、地元・練馬の新聞に取材して頂き、掲載されました。

取材から遠のいていたため、大緊張の中記者の小田切さんの温かい人柄に支えて頂き、

無事に撮影、取材を終えて記事にして頂きました。

ハイボールをこよなく愛するバーテンダーとして「家のみ」でも美味しく呑んで頂きたいと考えたレシピです。

ぜひ、お酒で満たされる時間をお楽しみください。

***************************************************

練馬のバーがレンゲで作るハイボール提案 黄金比は1対2.5

「練馬のバーがレンゲで作るハイボール提案 黄金比は1対2.5」

 

以下、記事全文です。

練馬駅近くのバー「ぴぐぷらす」(練馬区練馬1、TEL 03-3557-7447)が現在、レンゲを使って作るハイボールを提案している。

「自宅でも美味しくハイボールを楽しんでもらいたい」と店主の佐藤哲也さんが、家にあるもので簡単に作れる方法を考えた結果、レンゲがちょうど良かったという。

同店でハイボールを作る場合、カクテルなどを作る際に使うメジャーカップ(30ミリリットル)でウイスキーを計り作っている。一般家庭でメジャーカップを持っていることは少ないため、はじめは大さじスプーン(15ミリリットル)で作ることも考えたが、スプーンぎりぎりまで入れる必要があり、この方法は面倒だという。通常のレンゲだと30ミリリットル前後を計ることができ、注ぎやすいことがメリットと説明する。

「おいしいハイボールのコツはウイスキーと炭酸水のバランスが重要で、自宅で飲む場合は濃いめくらいが丁度よく、1対2.5(ウイスキー対炭酸水)の割り合いが黄金比」と佐藤さん。

作り方はまず、口の広いグラスに氷を山盛りに入れ、ウイスキーをレンゲ2杯分注ぐ。よく冷えた炭酸水をレンゲ5杯分ゆっくり注ぎ、かき混ぜずにそのまま飲む。

「口の広いグラスに氷をたくさん入れることで、注いだウイスキーとグラスを冷やすことができる」といい、「レンゲに注ぐのはラフな感じで、2杯で30~40ミリリットルのイメージ」。「炭酸の泡でウイスキーと炭酸水が混ざるので、かき混ぜない」ことなどがポイントという。

「これをきっかけに飲むだけでなく、作る楽しさも感じてほしい。さらに美味しいハイボールを作りたいと感じてもらえれば、プロとしてレクチャーもしたい」と佐藤さん。

営業時間は17時~24時。日曜定休。作り方は、同店のブログでも紹介している。ハイボールのレクチャーは2月から開始予定(要材料費)。


Posted in ブログ, 新着情報, イベント, ウイスキー, ハイボール.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top