JIM・BEAMについて・・・

2017.02.16.


部長・月田です。

1992年公開「氷の微笑」のシャローン・ストーン。

あの有名なシーンは記憶していますが、

このポーズと衣装、あまり見かけない写真です。

が、「JIM・BEAM」についてお話するには重要になります。

いつもならお酒の説明から入るところですが、

色々とお客様とお話していると、

「JIM・BEAM」という商品名の認知度よりも

♪バーボン、ボン。ボン・・ バーボン、ボン、ボン・・・♪

と歌いながら登場するローラの印象が圧倒的に強いようでした。

そこで、ローラの写真を探しているうちに、「氷の微笑」の1シーンがモデルになっている

という記事に辿り着いたのです。

 

 

 

 

どちらにしても、お酒と色気。

素敵です。

 

 

「JIM・BEAM」についてご紹介します。

 

【その実力は・・?】

バーボンウイスキー販売数量において1973年から40年以上も

世界No.1の座を、保持しつづけている実績をもつウイスキー。

 

【バーボンの歴史に貢献】

1920年からの禁酒法で蒸溜業者は消えていく中、

一家は衰退することなく、1933年禁酒法撤廃後、

4代目ジェイムズは息子のジュレマイアとともに

すぐさま再建計画を立て、

クレアモントに新しい蒸溜所を開設し、

わずか120日間で蒸溜を再開したとも言われています。

そして1940年、新しいブランド、ジムビームを誕生。

禁酒法撤廃後すぐにバーボンづくりを再開させ、

アメリカンウイスキー業界を再生しました。

 

 

【味わいは・・?】

40年以上もNo.1セラーをつづけている世界で最も愛されているバーボン。

極大粒の最高級デントコーンが主原料。

プロセスウォーター(仕込水)には清冽なライムストーンウォーターを使用し、

代々受け継がれた秘伝の酵母と発酵法によって香味を高め、4年以上の樽熟成を経て生まれる。

バニラやキャラメルの香ばしさや味わい、ほのかな樽のささやきも感じられ、

調和のとれた、心地よい飲み口を特長としている。後味のキレもよい。

「All Aboutグルメ」より

 

2/17(金)発売「ビーム・ハイボール」は、

「JIM・BEAM」をベースにした

アラフィフの方々がかつて呑んだバーボン・ウイスキーの味を思い起こさせる

ハイボールです。

 

 

 


Posted in ブログ, 新着情報, ウイスキー, ハイボール.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top