2014年ボージョレー・ヌーボー ぴぐぷらす

2014.11.13.


部長 月田です。

今年のボージョレー・ヌーボー、ぴぐぷらすでは11/20(木)-11/22(土)の3日間にソムリエ・佐藤哲也が選んだ

「ボージョレー・ヴィラージュ」をご注文頂けます。

今回味わって頂くワインについてご紹介を致します。

17世紀からマルデュエル家が所有するドメーヌです。3世代にわたりこの地でワインを作っています。

ドメーヌはボージョレーヌーヴォーの発祥の地であるサンテチエンヌ・デ・ウリエール村にあります。

この土壌は花崗岩質、粘土質の土壌でヌーヴォーに適しています。根が地中まで下がりやすく、力強いワインが生み出されます。ブドウは手摘みで収穫。ボージョレー独特のカーボニックマセレーション方法にてワインは醸造されます。

*ドメーヌとは、自ら葡萄畑を所有し(畑の賃借も含む)、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産者を言います。ボルドーにおけるシャトーにほぼ相当するため、このドメーヌが重要な存在になるのです。

ドメーヌの造るワインを、「ドメーヌ元詰ワイン」と言い、造り手の技量が反映され、個性的ではあるが、技術に優劣があることをしっかり頭に入れておくことが必要であるそうです。

ラベルにも「Domaine」の文字が記されているため、皆さんの感覚で美味しいボージョレー・ヴィラージュを探してはいかがでしょうか?


Posted in ブログ, 新着情報, イベント.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top