ウイスキーの歴史(バーボン)

2015.02.09.


部長 月田です。

毎日「ウイスキー」が美味しくなる歴史について書いています。

今日はアメリカでのウイスキー作りの歴史について。

アメリカで、穀物の蒸留酒がつくられるようになったのは、

18世紀に入ってからといわれています。

蒸留酒としては、いまのニューヨークでオランダ人が西インド諸島の

糖蜜を作って作ったラムが最初といわれています。しかし、その後、

ヨーロッパからの移民も増え、次第に穀物の酒、ウイスキーが作られる

ようになりました。

 

本格的にウイスキーが作られたのは、ケンタッキー州のバーボン郡で、

1783年に蒸留した記録が残っていますが、現在のようにトウモロコシを

原料にして作るようになったのは、1789年ケンタッキー州のジョージタウンで、

パプティスト派の牧師が先駆者といわれています。

 

1775年に始まった独立戦争後の1791年、連邦議会が財政確保のため

ウイスキーに重税をかけたため、東部の蒸留業者の間で暴動(ウイスキー反乱)

が起き、業者や農民は、ケンタッキーに逃れ、そこで良質の水とトウモロコシを得て

、新しいウイスキー作りが始まりました。

このケンタッキー州バーボン郡で作られたウイスキーは、

土地の名前を取ってバーボン・ウイスキーと呼ばれるようになりました。

1919年にアメリカで成立した禁酒法は、アメリカへの密輸ウイスキーで

皮肉にもカナダのウイスキー産業を発展させることとなりました。

スコッチもバーボンもウイスキーは、税金や国の政策から逃れることで、

発展したという歴史があるんですね。

 

 


Posted in ブログ, ウイスキー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top