ウイスキーの歴史(グレーン・ウイスキー②)

2015.03.03.


デュワーズ ポットスチル

 

部長 月田です。

今日はグレーン・ウイスキーの蒸留・熟成について。

発酵の終了したもろみを連続式蒸留機で蒸留します。連続式蒸留機はもろみ塔と精留塔の2つの部分から構成されている。塔の中は、数十段の棚があり、棚一段の棚が単式蒸留機の働きを持っています。(写真はDewar’sの単式蒸留機)

もろみは、もろみ塔の塔頂近くから送りこみ、上部から下部へ流れます。このとき、もろみ塔の下部から上部へ蒸気を送り込みます。もろみは流下する途中で蒸気と出会い加熱されます。もろみ中の揮発性成分はもろみ塔の上部へと上昇し、上段から取りだされ、冷却され、留出液に戻ります。

冷却されたもろみ塔留出液を精留塔の中部に流し込み、更に精留塔の下部から蒸気を送り込みます。すると、上段からはアルコール度数の高い蒸気が取りだされ、アルコール度数90度以上の精留塔留出液(グレーン・ウイスキーのニュー・ポット(*1))が得られます。

(*1)ニューポットとは・・・再度蒸留して留出してくるはじめの部分とあとの部分を除いた真ん中の部分の蒸留液。原酒となります。

 

単式蒸留に比べて、連続式蒸留では、アルコール度数の高いものが得られるが、ウイスキーの品質としては個性が弱くなります。このため、グレーン・ウイスキーはサイレント・スピリッツともいいます。

現在、連続式蒸留機の塔数は3~4塔で、ヘビータイプの原酒から、クリーンでドライな原酒まで幅広い品質のものが得られるようになっています。

 

蒸留においては、グレーン・ウイスキーはモルト・ウイスキー同様、ホワイト・オークの樽で熟成されています。が、モルト・ウイスキーに比べ香味成分が少ないため、熟成による変化は少ない。

さて、明日は「ブレンデット・ウイスキー」について解説します。

 

 

 


Posted in ブログ, 新着情報, ウイスキー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top