ウイスキーの歴史(日本のウイスキーの特徴)

2015.03.10.


赤ぴぐとミモザ

部長 月田です。

昨日頂いた「ミモザ」の花。

店内に飾ると、そこは春。

希望を感じる、黄色の花。

しっかりと感謝の気持ちを忘れずに歩んでいきます。

ありがとうございました。

早速、今日は「日本のウイスキーの特徴」について。少し前の回でも書いたように日本のウイスキーは基本的にはスコッチ・ウイスキーに似ていながら、スコッチ・ウイスキー特有のクセ(スモーキー・フレーバー)をソフトに抑え、水割りにしても伸びの効く香味を持つということですが、もうひとつ、モルト・ウイスキーまたはグレーン・ウイスキーに、アルコール、スピリッツを加えたものもウイスキーとされることです。

平成元年4月に改正された酒税法では、ウイスキーの定義を次のように下しています。

<酒税法第3条からの抜粋>

イ 発芽させた穀類および水を材料として糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの(当該アルコール含有物の蒸留の際の蒸留時のアルコール分95%未満のものに限る)。

ロ 発芽させた穀物および水によって穀類を糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの(当該アルコール含有物の蒸留の際の蒸留時のアルコール分95%未満のものに限る)。

ハ イまたはロにあげる酒類に、アルコール、スピリッツ、香味料、色素または水を加えたもの。但し、イまたはロにあげる酒類アルコール分の総量が、アルコール、スピリッツまたは香味料を加えた後の酒類アルコール分の総量の10/100未満のものを除く。

つまり、大麦麦芽に代表される発芽させた穀類を原料の一部、または全部として、アルコール度数95%未満で蒸留した酒が、ウイスキーということになります。このうちイにあてはまるのが、モルト・ウイスキーという表記がラベルに記されます。ひとつの蒸留所だけの場合は、シングル・モルト・ウイスキーといえます。

ブレンデッド・ウイスキーについては、日本の場合、イとロをブレンドしたもので、これは大部分を占めています。が、更に、酒税法によりアルコールなどを加えたものもブレンデッド・ウイスキーとされています。が、その際、イまたはロの酒類がどの程度混和されていなければならないかを規制しているのがハになります。

ウイスキーに使用されているスピリッツやアルコールは次のようになります。

・グレーン・スピリッツ~トウモロコシなどの穀物を原料に、酸素剤を用いて糖化、発酵させ、連続式蒸留機で、アルコール分95%以上で蒸留されたもの。穀物由来のうま味が、グレーン・ウイスキーより少ない。ウイスキー以外にもジンやウォッカにも使われる。

 

・ブレンド用アルコール~原料としては、通常、ラムと同じ糖蜜が使われる。これを発酵後、連続式蒸留機でアルコール分95%以上で蒸留する。きわめておとなしい中性的な性格を持ちます。

 

日本では、これを酒類の製造途中で使うと、酒税法上「原料用アルコール」、「ブレンド用アルコール」と呼ばれます。

また、ウイスキーのラベルには、原材料「モルト、グレーン」という表示がみられますが、これは、モルトは「麦芽」、グレーンはトウモロコシなどの「穀類」を意味するもので、モルト・ウイスキーやグレーン・ウイスキーを意味するものではありません。

さらに、製品によってはラベルに年数表示をしたものもあるが、これは使用した原酒のうち、もっとも若い貯蔵年数のものを表示しています。

次回は、いよいよ「スコッチ・ウイスキー」についてです。

朝ドラ「マッサン」も1カ月を切りました。

この数日、ウイスキーを戦火から守り続けたマッサンの思いが伝わるシーンが続いています。

 

 

 

 

 

 


Posted in ブログ, 新着情報, ウイスキー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top