ウイスキーの歴史(カナディアン・ウイスキー)

2015.06.12.


部長 月田です。

毎日、午後3時から5時は禁断のハッピーアワー。

これを読んだら、カナディアン・ウイスキーの味を確かめたくなる!!

午後3時改革

【カクテル”マンハッタン”】

カクテルの女王といわれる「マンハッタン」のベース、「カナディアン・ウイスキー」。

今日ご紹介するのは、世界5大ウイスキーのひとつである、「カナディアン・ウイスキー」。

有名な銘柄としては「カナディアン・クラブ」が挙げられます。

元々、カナディアン・ウイスキーは、one day whiskyとも呼ばれる劣悪な蒸留酒とよばれていました。

が、「カナディアン・クラブ」はカナダの一般的な樽での販売から、ボトリング販売に変え、製造保証書をつける。

というカナディアン・ウイスキー史の中では特筆すべき価値のあるウイスキーとなっています。

 

【カナディアン・ウイスキーは、粉屋が作った酒だった】

 カナダのウイスキー作りは、アメリカの独立戦争後に始まります。

 独立戦争のとき、独立に批判的だったイギリス系の農民たちは、北のカナダに移民し、その地で穀物の生産を始めました。

  ところが、ケベックやモントリーオールでは穀物の生産過剰が起こり、その余剰品処理として、製粉所が蒸留酒の

生産を始め、中には本格的に製粉業から蒸留酒業への転換を始めたところが出てきました。

これが、カナディアン・ウイスキーの誕生の背景です。

 

【カナディアン・ウイスキーの躍進】

19世紀後半になると、ライ麦を使ったかなり重いウイスキーから、連続式蒸留機の導入と、トウモロコシを多量に使うことにより、

軽いタイプのウイスキーへと変貌していきました。

 カナディアン・ウイスキーの躍進が始まるのは、20世紀に入ってからで、最初は大都市トロント、モントリーオール、

オタワなどの街道筋、エリー湖やオリエンタル湖、セントローレンス運河沿いに蒸留所ができ、その後、

アメリカの禁酒法により、アメリカのウイスキー倉庫としての役割を果たすようになりました。

 禁酒法廃止後も、アメリカのウイスキーはすぐに市場に登場しなかったので、この隙間をぬって、

アメリカに進出し、しっかりとした地盤を確立することになりました。

 

【軽やかさが特徴】

世界五大ウイスキーのおさらいから

①スコッチ ②アイリュシュ ③アメリカン ④カナディアン ⑤日本

この中で、もっとも軽快でマイルドな風味をもっています。

 一般的にトウモロコシ、ライ麦、大麦麦芽の3つの原料からつくられ、そのうち軽さが特徴的なライ麦の使用比率が51%以上あれば、ラベルに「ライ・ウイスキー」の表示ができます。

ちなみにあのカクテルの「ニューヨーク」もベースに「ライ・ウイスキーまたはバーボンウイスキー」というレシピです。

 カナディアン・ウイスキーの定義は、アメリカの法律に比べれば緩やかです。

 カナディアン・ウイスキーの一般的な製法の特徴は、ライ麦を主体とした香りの高い”フレーバリング・ウイスキー”と、

トウモロコシを主体としたグレーン・ウイスキーに近い”ベース・ウイスキー”をブレンドすることにあります。

この両者を180L以下の小型の樽で熟成したあと、ブレンドします。

原料、製法、熟成などによる風味に差はありますが、

すいすい呑めるクセのないライト・ウイスキーといえます。

 

【おもしろかった!!】

 アメリカの禁酒法により当時一番輸入されていたアイリュシュ・ウイスキーの輸入が禁止されたことにより、

地理的に優位なカナダが密輸という形で発展を遂げてきました。

 こんなことを読みながら世界五大ウイスキーの歴史的背景を書き続けてみて、

一番に感じたのは、ウイスキーに対する人々の執念!!

時代の流れに翻弄されながらも、真摯に向き合う姿、密輸で大きく稼ぐ商魂など、人々のたくましさを思い知らされました。

おもしろかった!!

これにて、ウイスキーの歴史は一度幕を閉じます。

ありがとうございました。

 


Posted in ブログ, 新着情報, ウイスキー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top