ロティサリーチキン、春味。

2015.01.23.


2015春味3

部長 月田です。

 

ロティサリーチキン、春味。

レモンの香りとスパイスは「軽やかさ」を表現しています。

一年の中で、鶏肉に変化があり、春の鶏は美味しさも膨らむと感じていました。

この肉の味を活かせるように「軽やか」にスパイスを使い、

合わせるソースはコクのある仕上がりになっています。

人間と同じように、日本の気候の変化で鶏の状態も様々。

季節に合わせた味をしっかりと味わって下さい。

本当においしい鶏肉をたべていますか?

 

春味、レモンの香りと酸味

2015.01.22.


2015春味3

部長 月田です。

↑これが試作品の「春味」。

「皮」の本来の美味しさを感じました。

スパイスなのか、レモンが何かを引き出したのか?

肉の柔らかさは【Xmas味】に匹敵します。

レモンの香りが食欲をそそり、骨のそばまでかぶりつきたくなります。

あと数日、お待ち下さい。

忙しい方へ、お皿に盛るだけの「マリアージュ」はいかがですか?

2014.11.20.


部長 月田です。

ボージョレ=軽い、美味しくない

というイメージはありませんか?

しかし、質が上がりきちんとセレクトすれば美味しいものを呑んで頂くことができます。

ソムリエ佐藤哲也が選ぶのは「ボジョレ・ヴィラージュ」。

簡単に説明すると、ボジョレ地区で最高品質を作る一帯で作られたワインになります。

ワイン好きの方でも、いつもは他のお酒の方にも

いままでのイメージを間違えなく変えて頂くいい機会になります。

ワインに合う「マリアージュ」をご提案していますが、

ご家庭で手軽に「ベリーソース&ヨーグルト」「食パン」

ワイン・ヨーグルト・食パンは「醗酵」繋がりで相乗効果の美味しさを感じられます。

ヨーグルトの「ツン」とした酸味がワインによってまろやかになります。

ボージョレの木イチゴの香りと濃い目のベリーソースがよく合います。

忙しい方はこんな簡単な「マリアージュ」で、一緒に「誕生祭」をお祝いしましょう!!

ぜひ、体をいたわりつつ・・・。

 

ボージョレーヌーボーと自家燻製・紅茶のチキンジャーキー

2014.11.14.


部長 月田です。

2014年のぴぐぷらすのボージョレー・ヌーボーは、「マリアージュ」でお楽しみ頂きます。

いつもより上品にワインとフードで「誕生祭」をお祝いします。

今日ご紹介するのは「自家燻製・紅茶のチキン・ジャーキー」。

燻製屋・佐藤哲也が構想から製作(?)まで担当致します(笑)。

現在、大好評を頂いている「自家燻製のチキンジャーキー」(400円)。

ロティサリーチキンをほぐし、燻製するときにモルトを吹きかけることで

スパイスの香りとモルトの染み込み具合で、噛めば噛むほど香り豊かで味も濃くなります。

今回は製法は変えずに、燻製する際に「香り高い紅茶葉」を加えることで上品さを醸し出し

主役ワインの口の中で広がる香りを引き立ててくれます。

ソムリエがワインを選び、そのワインに合うおつまみとの「至福のマリアージュ」が完成。

ぴぐのボージョレー・ヌーボー:11/20(木)~11/22(土)限定です。

 

 

本日20:00~、JAZZ”生”演奏会

2014.11.14.


部長 月田です。

11/14(金)20:00~、店内にてJAZZが生で流れます。

今年の6月のこと、ぴぐぷらすとJAZZの出逢いが始まります。

プロのギターリスト・岸本さんからFBページに「店内で演奏したい」という丁寧なメッセージを頂きました。

私はJAZZについて知識もなく、店内で演奏することへの応対も全く分からない状態でしたので、

音楽に詳しいお客様から知恵を授かり、本人にお会いしました。

暑い日にブレザー姿で来店、「人柄」の良さが滲み出るその青年でした。

ギターの弦の音、ウッドベースの指で奏でる力強さなど一度聞いて頂くとプロの演奏の素晴らしさを感じます。

20:00~、3回ステージ・各40分 チップ制です。

地元・練馬でいつもと違うゆったりとした時間を過ごしながら、疲れを癒して下さい。

Top