暑さがツライ方にむけて、3日間だけ復活するメニュー!!

2017.07.13.


 

 

部長・月田です。
 そのメニューとは・・・
「練馬産トマト・ソース」(315円)
========================
【なぜ、いまトマト?】
トマトは新陳代謝を高め、エネルギー作りがスムーズします。
【なぜ、チキンと合わせるの?】
鶏肉は脂肪が少なく、タンパク質が豊富な魔法の食材。筋肉にいいだけではなく、疲労回復にも効果があるのです。トマトとチキンでWパワー!
【「疲労の原因」】
疲れは細胞がストレスにさらされ、本来の機能を維持できなくなること。大脳が「身体が疲れた」というシグナルを出して、疲れを自覚するそうです。因みに運動後の疲れは自律神経の疲労。
【回復するには?】
実験から「抗疲労効果を発揮し続けるには、一日あたり200mgのイミダペプチドを取るのが有効である」という結果が出ています。鶏肉のむね肉を100g食べるのがいいそうです。むね肉のジューシーを感じて頂ける「ぴぐぷらすのロティサリーチキン」をお召し上がりください。自信をもって、おすすめします!

ご予約は・・・03-3557-7447

考案者のお客様と燻製・柿の種。

2017.06.10.


お客様の声で誕生した「燻製・柿の種」

 

部長・月田です。

5月のある日、写真のお客様から

「柿の種を燻製してほしい」

というリクエストを頂きました。

 

「どんな味?」

と思っていました。

(間違いなく、体験していないお客様も同じ疑問(?)をお持ちだと思います)

 

 

つまみ喰いして気付きました

「お醤油の芳ばしさ」

が病みつきになるおつまみ。

 

残念ながら単品販売はしていないため、

【20食限定】6月のプレートをご注文ください。

 

絶対におすすめします!

辛さとうまさが自慢、自家製キーマカレー・ライス

2017.06.10.


辛さとウマさが自慢の自家製・キーマカレー!

 

部長・月田です。

写真はご常連のお客様からご提供頂きました。

いよいよ、6/12(月)~メニューとなります。

 

・自家製キーマカレーライス

・練馬夏野菜グリル(単品)

 

ムルギー・カレーとはひと味違う「辛さ」が自慢です。

 

 

お客様の愛情で作られたプレート

2017.06.01.


ほかでは絶対に食べられません!今月の20食限定プレート!

 

部長・月田です。

月替わりの限定プレートのメニューには、ご常連のお客様の声があちこちに散りばめられています。

特に、今月は「キーマカレー」の量がぐぐっと増えています。

このプレートがあれば、3杯はいけます。

 

 

ぴぐぷらすでの楽しさをまた発見して頂けるプレートです。

ぜひ、貴方の感想もお聞かせ下さい。

次月以降の参考にさせて頂きます!!

 

ぴぐぷらすの「新ジャガのピクルス」を自宅で作ってみませんか?

2017.03.24.


部長 月田です。

レシピをご紹介します。

(材料)
酢(穀物酢より米酢をおすすめします)
水、砂糖、塩、ローリエ、ブラックペッパー、鷹の爪

(作り方・分量)
①水2:酢1を沸騰させる。

②①の火を止めて、砂糖(8~10%)、塩ひとつまみ、ローリエ1枚、鷹の爪1本、ブラックペッパー(またはホワイトペッパー)を2粒、お好みのスパイスを入れる。

③②が冷めてから、ゆでた新じゃがを入れる。

2時間程度で味はしみ込みます。が、一晩程度置くといい感じに仕上がります。

 

常備野菜として活躍するじゃがいもをぜひ店の味で召し上がってください。

hppt://pigplus.net

2013年、カレー誕生。

2017.02.15.


部長・月田です。

2013年7月1日、「ぴぐ・ムルギー・カレー」が誕生しました。

この写真は試作段階に撮影。

 

カレー混ぜる

【カレーの構想】

以前勤務していたBARの人気メニューのレシピ、ナイル商会さんから頂いた本を

基に「おいちゃんたちの新陳代謝をよくする」カレー作りにかかりました。

が、実はこの頃・・・。

 

【2013年春のこと】

頭では考えるものの、身体がついてこない。

開店の翌年の春に、初めての独立の疲れから身体が動かない日が続いていました。

午前は医者巡り、午後3時にやっとのおもいで開店させる毎日。

そこでやっと「禁煙外来」に辿り着きました。

禁煙生活を支えに、「カレー」を作ることに専念。

気力が戻り、一気に作り上げて7月1日に販売開始となりました。

 

【2013年7月】

オリジナルのカレーが出来上がったものの、どこか納得できず

毎日試食を繰り返しながら販売を継続していました。

猛暑が続き、冷房をつけても夏のカレー作りは汗、汗、汗。

とにかく、炒める時間が長く、

調理中は火の前から離れることが出来ないため、

身体も手の甲にも汗が噴き出す状態でした。

こんな日々が続いたあるときにカレーのコンセプトが閃きました。

 

「おいちゃんたちの新陳代謝を高める」

 

具体的には食べると「汗が噴き出す」。

コンセプトが決まったことで、味が無事完成、

お客様の汗と笑顔で当店らしいカレーになったと実感出来るようになりました。

禁煙は成功、現在も続行中です。

 

【汗】

おつまみカレーや1/2カレーでは汗は出ません。

女性もここまで汗が出ません。

量や、食べる速度にも関係するようです。

 

「ぴぐ・ムルギー・カレー・ライス」を1人前をモリモリ食べる。

これで汗をかいて、美味しいハイボールでキュッと〆て頂ければ、一番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロティサリーチキン【春限定味】

2017.02.08.


部長・月田です。

ロティサリーチキンは年に3回味を変えています。

(クリスマス味を除く)

2013年の春、鶏を一年間触り続けて肉質が違うことに気付きました。

あれこれ調べると、

ご実家が精肉店のお客様の中から

「卵は春が一番おいしい。それはニワトリが運動し始めるから」

と教えて頂きました。

国産の若鶏は、夏は水分が多く、冬は脂肪を貯め込み、春は動き出す。

人間も夏の食欲減退する時期に水分多く淡泊な鶏は食べやすく、脂は冬に美味しく感じます。

最近は仕入先から届く鶏肉の色で季節を感じられるほど、変化が感じ取れるようになってきました。

 

脂肪もあり、引き締まった肉質に合わせて「軽やか」な香りと味をイメージして作った【春限定】の味です。

脂を落としながら焼くから低カロリーで、スパイスで胃腸も元気になります。

極上のハイボールと合わせれば、おいちゃん達の身体に優しく、明日も元気に働けます。

チキン 春

 

 

福よ、来い

2017.01.28.


部長・月田です。

当店らしい節分の豆を作るために、厄除けについてあれこれ調べていたら、

スパイスのグローブは、中世の西欧では魔除け、日本では邪気を払うために使われてきましたと推測される。

と書かれていました。

皇太后は口臭予防に、平安時代には香り袋に入れていた記録も残っているそうです。

グローブは甘いバニラのような香りで、燻香とのダブルで淡泊な豆がおつまみに変わります。

年男年女、厄年、厄除けや魔除けが必要な方には、特におすすめします。

 

2015福豆

カレー・セット

2017.01.24.


部長・月田です。

ただいま、ハッピーアワーは17:00~20:00まで開催中。

フードでおすすめは「カレー・セット」525円

カレーのコンセプトは「おいちゃんたちの新陳代謝を高める」

胃腸が活性化されて、身体が温まります。

 

 

カレーセット(ハッピーアワー)

Top