ウイスキーの歴史(モルト・ウイスキー①)

2015.02.25.


部長 月田です。

少し間が空いてしまいましたが、ウイスキーの歴史について書き続けていきます。

前回は日本のウイスキー史にふれ、今回から4回に分けて

「モルト・ウイスキー」について詳しく解説致します。

1回目は「大麦麦芽」について。

大麦麦芽の原料には、二条麦芽が使われています。二条麦芽という名前は、

穗軸に沿って2列に粒が並ぶことからついたもので、でんぷん質が多く、

たんぱく質が少ないのが特徴です。ビールにもこの二条麦芽が使われています。

現在、日本における二条麦芽の生産量は、国産のビール、ウイスキーの需要

を賄い切れず、相当量を海外から大麦麦芽の形で輸入しています。

二条麦芽は、粒の大きさを分けるなど精選し、水に浸し、いったん水を切って空気を吸わせます。

これを繰り返し、水分を十分に吸った大麦を発芽させますが、発芽が始まって数日すると、まず根が出て、

次に成長し、芽の中にでんぷん質を糖化する酵素を生じます。発芽が程良く進行したころ合いを見て

キルンと呼ばれる乾燥塔へ移し、発芽中の大麦を乾燥して水分を除き、これにより芽の発育を止めます。

これが大麦麦芽(モルト)になります。

 

途中ですが、部長からクイズです。

Q「”マッサン”がスコットランドの技術者から学んだ「糖化」の進行具合を見定めた方法とは?」

A:「大麦麦芽で自分の名前が壁で書ける」ことで糖化状態を見極めることを教えて貰いました。

 

では、本題に戻ります。

大麦麦芽を乾燥させる際、ピートと呼ばれる水性植物などを炭化した泥の炭を燃やして、大麦麦芽に

スモーキーフレーバー(ピート香ともいう)をつけます。ピートはスコットランド産のものが優れていて、

春の4~5月に掘り起こし、ピート同士を交互に立てかけて、風で乾燥させ燃料として使います。

このように、大麦麦芽にスモーキー・フレーバーをつけるのは、日本のウイスキーと、スコッチ・ウイスキー

だけに見られる特徴ですが、両者を比較すると日本のウイスキーの方が、スモーキー・フレーバーは抑えられ、

穏やかです。

デュワーズ12年 新ラベルJPG

明日は「発酵」について。

【予告】2/27(金)JAZZの生演奏をどうぞ。

2015.02.24.


部長 月田です。

映画が大好きです。

スコッチ・ウイスキー「Dewar’s」に「別れのハイボール」と「再会のハイボール」

と名付けた理由を聞かれることがあります。

これは、

たまたま見かけた「カサブランカ」の映像がヒントでした。

映画の内容をご存じない方でも、「きみの瞳に乾杯」というセリフなら聞き覚えがあると思います。

この映画で有名になりました。

この映像を見た瞬間に、「別れ」と「再会」という言葉が出てきました。

最高に愛した恋人と再会した主人公、お互いに身の危険を感じる立場であるため、

最後には一緒に逃亡するふりをして、恋人の無事を祈りつつ再び別れることになります。

ラストシーンをみると、見送った男性の行く先はきっといつものBARだと思います。

さみしい気持ちを分かち合える人と呑む時には、

見送る人の悲しい気持ちや言いたいことを中和して軽くしてくれるような、

「沈黙の酒(グレーン・ウイスキー)」と「主張する酒(モルト・ウイスキー)」

をブレンドすることで出来上がった、ブレンデッド・スコッチ・ウイスキー。

こんな理由で「Dewar’s」に別名を付けることになりました。

 

恋人たちの思い出の曲「カサブランカ」の「As Time  Goes by」。

JAZZの名曲です。

すきな曲が流れる店内の心地良さは想像以上です。

生演奏とハイボール、気持ちよく酔えます。

【ぴぐぷらす・JAZZ生演奏】

2/27(金)

20:00~・21:00~・22:00~

各回40分 チップ制

再会・ジャズ・春味

 

 

 

 

 

2014 ぴぐチキン で検索

2014.12.16.


部長 月田です。

まずはYou Tube内で「2014 ぴぐチキン」と検索してください。

ロティサリーチキンの切り方、盛り付け、温め方まで全てオリジナル映像で作りました。

音楽、編集は全てお客様により味付けして頂きました。

ロティサリーチキンを切り分けるところからパーティーをスタートさせるとイベント感が増しますよ。

ぜひ、ご覧ください。

 

赤ワインと練馬野菜のマリアージュ 其の1

2014.11.27.


部長 月田です。

先週末はボージョレー・ヌーボーのイベントや酉の市では

沢山の皆さまにお立ち寄りいただきました。

 

特に今回のボージョレー・ヌーボーのイベントは

ボジョレーに合うフードを楽しんで頂ける「マリアージュ」

をご提案し、お陰様で全て完売することが出来ました。

ありがとうございました。

 

これからは練馬の皆さまに「練馬野菜」での

ワインの楽しみ方の幅を広げて頂けるように「マリアージュ」

を次々とメニューに登場させておます。

其の1は、「練馬キャベツとブルーチーズのグリル」

旬のキャベツの甘さと、ブルーチーズのあの独特なコクがワインを誘ってくれます。

ベーコンの脂の旨味と、グリルしたレモン果汁の温かな爽やかさはたまりません。

2~3人で召し上がって頂けます。

 

 

 

 

2014・Xmasチキン

2014.11.19.


部長 月田です。

 

お客様が予約して頂いている様子から、「ホームパーティー」の方が多いことを実感します。

大人にとっては家族が集まれる日が、Xmas。

家族でチキンを囲むXmasのイメージを定着させたのは

「ケンタッキーフライドチキン」です。

日本ではチキンではなく、世界ではターキー、

KFCが文化まで変えてしまったんですね。

日常生活ではゆっくりと食卓を囲む時間が無い事かと思います。

我が家も同じく・・・。

 

1年のうち1日だけみんなが「美味しい」と笑顔になるひと時。

そのお手伝いが出来るようにいつもは「お酒に合うスパイス」を配合していますが、

この季節だけは上品で親しみやすい「Xmas味」にしています。

脂を落として焼くため、飽きのこない美味しさがあります。

今年は、Xmasチキンの価格を安く設定するために

エコ包装にしました。

そこで、ギフトBOXとペーパーバックをご用意しました。

必ず喜ばれるギフトになること間違いなしです!!

早割予約は11/29(土)までです。

カレンダーを確認しながら、5Fまでお越し下さい。

お電話でも承ります(03-3557-7447)

 

Top