ぴぐモヒート専用のおつまみ!!

2015.06.26.


IMG_6536

 

部長 月田です。

正式名称は【モヒート専用タコス】。

 

【なぜ、タコス?】

イメージしてください。

気分は海岸のテラス、たっぷりと太陽が照りつける午後3時。

左手にモヒートのグラスを持ち、右手に【モヒート専用タコス】。

南国の夏のカクテルをゴクッと一口呑みこみ、あふれんばかりの具を巻きつけたタコスをガブリ。

これぞ、夏!!

このイメージを追及したことで誕生したメニューです。

ぴぐオリジナルモヒートに合わせた、バーテンダーが作るタコスですから、

カクテルに合わせたスパイスを使っています。

 

【今年のタコスは、ガブっと】

昨年初めて【モヒート専用タコス】を限定で発売し、

カウンターでお客様がかぶりつくシーンが印象的でした。

BARではありえない光景に驚いていたんです。

今年は、「がぶりつく」ようなタコスを目指しました。

タコスには「ひよこ豆」を入れて、練馬野菜のピクルスを添えてることで、さらに噛む。

食べ応えのあるタコスの存在があることで、

本来はきどらずにグイグイと呑むカクテルであることを体感して頂きます。

 

【ひと夏で1000杯への挑戦】

この目標を達成するために、【モヒート専用タコス】があるんです。

今年も皆さんと一緒に1000杯の夢を達成します!!

ぜひ、よろしくお願いします。

 

 

 

緑ぴぐ祭、開催中

2015.06.25.


部長・月田です。
緑ぴぐハイボールのベースである「白州」はシングルモルトです。

《シングルモルトとは》
日本酒の酒蔵がそれぞれ味が違うように、シングルモルトはひとつの蒸留所で造られ、瓶詰されているものをさします。蒸留所の個性がはっきりと表れ、個性の違いを呑み比べるのがシングルモルトの醍醐味です。

《シングルモルトランキング(2013年度)》
1、山崎 2、白州 3、ザ・マッカラン
この中でも「白州」は急激に出荷量を伸ばし、2011年約2万本から2015年には10万本を超える勢いで市場を広げているそうです。

《白州は、安らぎの香味》
山梨県南アルプスという環境の中で森林浴をしながら生まれ育った原酒です。さらにウイスキーの香りには熟成に使うオーク材の香りが溶け込んでいます。グラスに注がれた白州の香りは柔らかなスモーキーフレーバーの中に新緑のような香りがあり、さわやかな印象に包み込まれます。

《さぁ、街で森林浴を愉しみましょう》
白州の香りの特徴はソーダで割っても香味が崩れることなく口に広がります。
緑ぴぐハイボール、木のカウンター、ヒバオイルのおしぼり。
練馬の5Fでできる、ストレス解消法です。

そして、白州をご注文いただくとQuoカードなどの特製白州グッズが当たるくじ引きしています。(お1人様・1日1回限り)
6/末まで、毎日はくしゅう午後3時からスタートです!!

「練馬駅のおすすめバー 人気店20選」に選ばれました!!

2015.06.19.


部長 月田です。

 

「練馬 バー」で検索していただくと、練馬で有名なバーのサイト、サントリーの「BAR-NAVI」などのサイトが並びます。

その中で突然見つけた

練馬駅のおすすめバー 人気店20選

http://retty.me/area/PRE13/ARE26/SUB2601/STAN5345/LCAT1/CAT410/

そこに、「呑屋ぴぐぷらす」が掲載されていました。

お客様が写真、そしてコメントまで書いて掲載していただいています。

そのため、店内も店舗情報も紹介されています。

そして、「行きたい」という皆さんからの評価の数が、20店舗の中でダントツなんです。

本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

お客様の支え続けて頂きながら、さらに飛躍していきます。

末筆ながら、お礼を申し上げます。DSC_0521

 

夏です、練馬の枝豆。

2015.06.19.


IMG_6482

部長 月田です。

店頭の野菜が夏野菜に変わり、やっと枝豆が出てきました。

何度も書いていますが、「練馬の野菜」は京野菜のように特別ではありませんが、

さっきまで太陽を浴びていたので、新鮮で味も濃いです。

枝豆もシンプルな調理方法ですが、持ち味がいいので、甘みと豆の香りがとてもいい状態です。

今年は「蒸し焼き」にしてお出しします。

入荷がまだまだ少ないので、【数量限定】となります。

「練馬の枝豆」(315円)

今日からお召し上がり頂けます。

 

練馬の彩・夏野菜サラダ

2015.06.18.


IMG_6463

 

部長 月田です。

地元練馬の食材を使い始めるようになると、値段の安さと味の濃さを感じます。

 

【佐藤哲也は”トマト”好き】

店主の佐藤哲也は新潟県上越市出身、そして母は「トマトは完熟に限る」というこだわりを持っていたため、朝市で行商のおばあさんから買う、赤い、甘いトマトを食べて育ちました。

2年前に出会った練馬のトマトはそれを彷彿させる、赤さ、濃さ。

トマト好きとしては、これを何とか美味しくしたいと2014年夏に「トマトソース」を考案しました。

 

【2015年、夏はもっとトマトを活かせるように、数で勝負します。】

今週から定期的に、トマトを中心とした練馬の夏野菜のメニューを発売させます。

その第一弾

「練馬の彩・夏野菜サラダ」(766円)

パクチー、ミントを散らばせて、レモン果汁をぎゅつと絞りました。

美味しいおつまみになるように、スパイスを使った隠し味がいっぱいのサラダです。

 

【野菜には、緑ぴぐハイボール】

ぴぐぷらすには、3種類のハイボールがあります。

その中のひとつ、「緑ぴぐハイボール」はサントリーの白州がベースになっています。

呑み口が軽やかで、スモーキーフレーバーに青リンゴの爽やかな香りを感じさせる新緑のような印象です。

ソーダ割りしてもこの香味は崩れないため、食べながら呑んで頂ける食中酒としても最適です。

 

【街でもリラックス】

ちょっと疲れていたら、森へ出かけるように

練馬の5Fに森林浴に来てください。

ヒバの香りのおしぼり、木の椅子とカウンター、緑ぴぐハイボールでお待ちしています。

 

いまなら、「緑ぴぐハイボール」をご注文頂くと、特製白州グッズが当たるくじ引きができます。

 

息をぬきたくなったら、休憩しましょう。

いま変えなかったら、何も変わりませんよ。

 

 

 

Top